いつでもどこでも寝られる能力が欲しい

僕は、集中力が長く続きません。

睡眠不足の日なんて、集中することができません。

元気な日は、1日に何度も集中することは出来るんですが、

夕方くらいになると、どうしても、頭がぼーっとしてくるのです。

無理な運動とか、肉体労働をしてないので、体はほとんど、疲れてないのです。

ただ、脳が働かなくなる。

スポンサーリンク

少しでも、脳を休ませたい!

じゃあ、どうするかっていうと、寝る。

これしかないんじゃないか。と思います。

脳は、何もしていなくても、身体のエネルギーの25%を消費するらしいのです。

そりゃ、ぼーっともするわ。

10分でも、5分でも、1分でも、

パッと寝て、パッと起きられる能力があったら、最強なんじゃないでしょうか。

ちょっと、空いた時間を活用する。

脳の、限界がきて、パッと寝られたらいいんですけど、そこに行くまでの頭が働かない時間をどうにかしたい。

マインドフルネスをやってみる

と言っても、いきなりできるものじゃないので、頭がぼーっとし始めたら、

マインドフルネス、簡単な瞑想をやってみることにしました。

自動的に浮かんでくる考えや感情をただ、観察します。

そして、呼吸に集中して、深呼吸をする。

そこでも、考えや感情が浮かんできたら、観察して、呼吸に集中する。

これだけでも、多少はスッキリするんですけど、そのままの状態で、

少しだけ眠れたら、とてもスッキリするんですよね。

今は、30分と決めて、やったりしてます。

これをどんどん時間を短くして、数分でも、寝られるようにしたいですね。

体を動かすのも大事

半分ひきこもりの僕は、運動不足です。

脳だけ疲れても、寝付きにくい。体も疲れてくると、パッと寝れるんだろなと思います。

子供の時は、毎日走り回ってましたから、寝付けないなんて、あり得なかったですもんね。どこでも寝れるし。

ちょっとでも、動こうと思います。

でも、夜は寝れる

パッと寝たいと言ってますが、それは昼間の話。

僕は、結構、夜すぐ寝れます。最近、そうなりました。

自転車で、出掛けることも多くなったので。

24時までには大体、寝てますからね。それで8時くらいには起きる。

もう、ほとんどないですが、寝れなくなるのは、30分以上横になって、昼寝した日です。

横にならなければ、深い睡眠にならないので、夜の眠りにあまり影響はありません。

あとは、感情的に興奮すると寝付きにくいですよね。

寝れない時は、考えてしまうことを止めるのを諦めて、ぼーっと観察してると寝れますよ。これもマインドフルネスですね。

寝る前は、明るい光浴びちゃ、ダメです。スマートフォンもパソコンもテレビも

照明も、オレンジ系の暖かい色の照明にしましょう。

僕は、数ヶ月前、海外ドラマを観過ぎて、完全に夜型になってた時期がありました。

感情も落ち着かないし、ずっと明るいままという寝れるわけない環境です。

明るくなってから、寝てましたもんね。

あと、寝れない人は、昼間にしっかりと、太陽光を浴びましょう。

それだけでも違います。

僕が夜型だった時は、冬だったこともあって、明るい時間に起きていることが、短くなってしまい、ほとんど太陽光を浴びれていませんでした。

悪循環ですよね。

それがあって、こうやって勉強できたので、良かったですけど。

夜型が嫌だ!という人は、ぜひ取り入れてみて下さい。

活動的になって、頭も常に生き生きとしているようになれたら良いな。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク