寒暖差、気をつけねば。

季節の変わり目って、体調悪くなること、多いですよね。

風邪になったりするので、嫌なもんです。

最近も、急に寒くなってきたので、くしゃみが止まらない。

スポンサーリンク

恒常性維持機能が働く!

寒くなってきたら、くしゃみが止まらない。でも、鼻水はでない。

これ、風邪じゃないらしいんですよね。

その正体は、恒常性維持機能です。

昨日まで生きられたので、今日もそのままを維持したほうが、生きられる可能性が高い!と判断し、体の状態を、維持する機能です。

人が、環境に慣れるのも、いつも通りから動きたくなくなるのも、そう。

くしゃみをするのも、気温によって、体温下がらないようにするためです。

体を震わせることで、昨日と同じ体温を維持する。

そうやって、徐々にその気温に体を慣らしていく。

その環境に最も適応するようにできているようなのです。

人間の適応力って、すごいですね。

だから、くしゃみはしていい。

くしゃみも、透明な鼻水もでるけど、他の風邪の症状はない

この場合は、寒暖差アレルギーの可能性が高い。別名血管運動性鼻炎。

鼻の粘膜の自律神経が、狂ってしまい、起こるようです。

急に寒くなると、起こりやすいです。

対策は、寒暖差を少なくするです。

そのままですが、とっても大事。

対策せずに放っておくと、体が寒さや、暑さに慣れなくて、

免疫が弱り、風邪や病気をします。

筋トレして、冷えを対策!

筋肉をつけることによって、寒暖差に強くなるので、筋トレに励みます。

僕の経験上、こんなに暑いのに寒気がするとか、寒いはずなのに身体が火照ってるなんて時は、自律神経が狂っているときです。

体温調整が、うまくいっていないのです。

寒気というのは、本当に良くなくて、体温が下がっているため、身体の免疫機能も下がってしまいます。

こうして、寒気を甘くみていると、風邪を引きます。

寒気を感じたら、とにかく体を温めましょう。初めは暑くても、体が段々慣れてきて、汗をかいて体温を調節し始めます。

春から夏にかけては、寒さから暑さに体を慣らす段階なので、夏の暑さに対応するために、汗をかけるようになるのが、良いです。

逆に、夏から秋は、寒さにやられないように、しっかり防寒する。寒いと少しでも、感じたら、1枚羽織りましょう。

この事から、日々の運動で汗をかくことは大事です。夏は汗で体温を下げやすい身体になりますし、冬は体温を上げやすくなります。

そして、春秋は、1日の寒暖差に対応できると。

筋肉は発熱器官ですから、あるとより、体温調節の上手い体になります。

僕は、引きこもりで、筋肉が落ちたので、寒暖差をより強く感じました。

僕が学んだのは、運動(または筋トレ)と、体を冷やさないことの大切さです。

自分の体は一生の付き合いなので、大切にしましょう。

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク