田舎の無職でひきこもりは少し元気になったらブックオフに行こう!

こんにちは。

冬になってくると天気が悪くなって、外出するのが嫌になりますよね。

無職になると行くとこもあんまりないし。お金もないし。

田舎だともっと行くとこないし。って思っていると出掛けなくなるんですよね。

スポンサーリンク

体を動かさないと心の調子も悪くなる

けれど、ずっと家にいる日が続くと本当に精神的にやられます。

そうなってくると、快晴の日はめちゃくちゃ外に出掛けたくなります。ちょっと元気になるとそう思えるようになります。

自転車で体を動かすのってすごく気持ち良いんですよね。10分くらいこぐだけでも体と心がだいぶ違います。

自転車をこいで、体を動かした後って体も心もほわーっとしてきて、良い感じに眠くなります。

はじめは数分くらい外に出るだけでも良いと思いますが、だんだんと体を動かしてるうちに疲れるまで帰りたくなくなります。

そんなときは、うーん、せっかく出かけたんだからどっかに行きたいなあと思ってくるわけです。

そんなときの強い味方がブックオフです。

平日でも暇そうな人がいっぱいいるから大丈夫

ひきこもっていると出掛けたときに、人の目がすごく気になります。

特に田舎で、平日に若い人がたむろしてるとこってほとんどありません。学校くらいか。だから、浮いてるんじゃないかなーと思ってしまう。

でも、ブックオフなら大丈夫!休憩中のサラリーマンだったり、おじいちゃんとか、主婦?みたいな人も本当にいろんな人がいますから。

あと、田舎だと大型店舗が多いので、居たいだけいても飽きません。

人の目が気になると言いますが、印象残ることしない限り他人が誰かを覚えてるなんてことないし、他人が気になるのはただ暇な人なので、気にしなくていいですよ。

僕が人の目が気になるのは暇だからでしょうね。笑

ずっと読みたかった本を探そう!

僕は今日は天気が良くて体を動かしたかったのと、欲しい本があったので、ブックオフに行きました。

あれば良いかなあーとそんな希望を持っていなかったんですが、見事に百円でお目当ての本を発見できました。そんなときって嬉しいんですよねえ。

あと、何度も行っていると、どの本がどこにあるか大体分かるようになります。慣れてくるとお目当ての本はすぐに見つかります。

ブックオフに限らず、古本屋の良いとこは読みたかった本が安く買えるだけではなく、ちょっと気になった本を気軽に買っていけることですね。安いので。

時間が無ければ、出会えなかった本に出会えるのは良いものですよ。

そこから何か自分がしたいことにつながる可能性はありますからね。

さいごに

ということで、田舎の無職でひきこもりで精神的に辛くなってきた人は、ブックオフまで行ってみましょう。

嫌な思いせずに行けるとこあるって良いものです。

本当にお金使いたくなくて、やっぱり人の目が気になるって人は図書館が良いですよ。

僕が住んでる富山県だと新しくて綺麗で広いこの図書館がおすすめです。

こんにちは。僕は、現在半分引きこもりの生活を送っています。 もう1年は働いてないんですが、ずっと家にいるのも辛いんですよね。かといって、出掛けようと思ってもそんなに出掛けるところがない。...

本を通して人に出会えるブックオフや図書館があるのはありがたいことです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク