いつも、笑って明るくて強い自分は無理。弱くていいのだ

こんにちは。しげです。

僕は、人に相談するのが、苦手です。

と言うよりも、相談ってどうやるのか、分からないし、意味もないと思ってました。

しかし、精神的な辛さを自分ひとりで抱え込んで、生きるのは辛いですし、

実際、僕が今、無職で引きこもり気味なのも、そんな我慢が原因のひとつのように思えます。

スポンサーリンク

どうして、我慢して強がってしまうのか?

自分の気持ちを表現する機会が無かったり、気持ちを聞いてもらうという経験がとても少なかったからだと思います。

親が、子供の気持ちを聞いてあげたり、アドバイスをあげたり、やりたいことを応援してくれたりしたら、良いのですが、それができない親もいます。

僕の親も、気持ちを聞いて、ただ受け止めてくれることはなかったので、

親が、精神的な居場所をくれる存在ではありませんでした。

そこは、今でも親の嫌いなところです。育ててくれたことは感謝してますが。

親ではなく、他の人で周りに気持ちを聞いてくれる人がいれば良かったのですが、いませんでしたね。

そうして、自分の弱さ、辛い気持ちを感じないように、

明るく、笑顔でいたのだと思います。

じゃあ、どうする?

あまりに我慢すると、自分の気持ちそのものが分からなくなってしまいます。

どうしたいか?って思わなくなってくるんですよね。

だから、まずは、今、自分で自分が何を思っているのか、書き出してみることが大事です。

上手くやらなくて良いです。

とりあえず、思っていること、感じていることを書いてみましょう。

続けていると、あ、こんな気持ちだったんだと気付くこともありますし、

苦しい、辛い気持ちが出てくることもありますが、

とにかく、自分の気持ちを自分で認めることが大事です。

自分で自分の気持ちを受け止めてあげるだけで楽になります。

自分が自分の親になって、気持ちを受け止めている感覚ですね。

このブログも僕自身の気持ちを確認する機会です。

聞いてもらうだけでも楽になる

最近、そろそろ働かないといけなくなるかも。と思ったので、

とりあえず、ヤングジョブという若者のハローワークに行ってみました。

ただの様子見で行っただけなのですが、

おじいちゃんのカウンセラーに相談する流れになりました。

今、どう思っているかを聞かれても最初は何も浮かばなかったし、なぜか、話し始めると、涙が溢れてきました。

しかし、カウンセラーは相談者を基本的に否定することはありません。

なので、気付いたら1時間以上話してました。

最初は、辛い気持ちがあったのですが、話すにつれて気が楽になりました。

自分で自分の気持ちを受け止めるのとは、また、違う開放感がありました。

話せただけでも良かったです。

自分の気持ちを受け入れることに慣れてきた人は、聞く専門家の人にとりあえず、頼ってみたらどうでしょうか。

家族や友達に話せる人は、話す前に、ただ聞いて欲しいと言えば、否定することなく受け止めてくれるんじゃないでしょうか。

まあ、そうできる人はこういうことで悩んでないと思いますけど笑。

まとめ

・苦しくて、辛くて弱い自分はまず、気持ちを書き出して、自分で受け止める。

・相談して、弱い自分を表現してみる。受けて止めてくれる人はいるから。

・とにかく、気持ちを感じて、表現する練習をする。

弱い自分も大切にしていきたい。相談できる強い自分になりたい。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク