頭のかゆみにはシャンプーを使わない(湯シャン)のがおすすめ!

頭がかゆいとそればかりが気になってしますし、しかもできものまである!となったら、テンション下がりますよね。

昔の僕は、頭のかゆみに悩まされてました。ニキビみたいなできものがあるのも普通のことになってたんですね。

なので、疑問をもつことがありませんでした。しかし、シャンプーを使わなくなったことによって、その悩みは消えてなくなりました。

頭のかゆみにお悩みの方に湯シャンをおすすめします。

スポンサーリンク

シャンプーは必ず使わなければいけないものではない!

まず、シャンプーや化粧品には必ず「お肌にあわない場合は使用を中止してください」というような注意書きが書いてあります。

まあ、かゆみがでたら、使うなってことなんですよね。

しかし、僕はあほなので小さい時から使っているという理由だけで、どうしてシャンプーを使い続けているのか?という疑問をもたないまま、ずっと使ってきました。

汚れを落として、良い匂いにするためだとぼんやりと思っていましたが、かゆいし、頭皮乾燥するし、で困ったこともありました。

頭の汚れって毎日の生活で洗剤で落とさなければいけないほど、汚いものなのか?と思ったので、いろいろ調べてみてシャンプーを使わず、お湯のみで頭を洗う湯シャンを発見しました。

シャンプーで丁寧に洗いすぎると、逆効果!

まず、僕はいきなりシャンプーをやめてみました。洗わなかったんですよね。

見事に失敗で頭が油でベトベト。これはダメだ。ということでぬるま湯で頭を軽く洗うことからはじめました。

最初のうちはとにかく油がすごかったです。お湯だけでは落ちないほどの。なので、油がすごい日はシャンプーを少なめで、洗う時間もササッと短くしました。

今までは、とにかく汚れ落とさないと!という軽い執念みたいな気持ちがあったので、ちゃんと洗わなくても大丈夫なのだろうか。と不安でした。

しかし、少しずつ湯シャンに慣らしていくと、シャンプーを使う回数も少しずつ減っていきます。

僕の場合は最初は1週間に3回ほどシャンプーをしてたんですが、1ヶ月立つごとに1週間に2回、1週間に1回と回数が減っていきました。半年経つと、ほとんど使わなくなりました。

今は月に1回使うかどうかですね。

かゆみもイライラするようなものはなくなりましたし、できものもできたとしてもすぐに治ります。

油が落ち着くと同時にフケもおさまりますし、臭いもありません。だいぶストレスは減りました。

シャンプーしないとダメだ!みたいな強迫観念みたいなものがある人は、まずは、シャンプーの1回の量と時間を減らすだけでも肌に良いと思います。

最初は不安でも続けているとその効果に最初の不安が嘘のように感じられますよ。

湯シャンのやり方

お風呂にはいる前に豚の毛のブラシ使って髪をとかします。髪をとかすのなんてはじめてなので抵抗がありましたが、慣れてくると結構気持ちいいもんです。

だいたい、10回同じところをとかして全ての髪をまんべんなくやって、合計100回くらいですね。これは毎日やります。1分くらいで終わるので簡単です。

これは自分の油で髪を保護するためです。風呂上がりでもとてもしっとりします。

最初はベタベタするかもしれませんが、それは、今までシャンプーで油を落とし過ぎていたので、その分を足さないと!と体が慣れてしまっているので、油を多く出すんですね。

しかし、油を落とし過ぎない湯シャンをやっていると、油の分泌がちょうど良くなってベタベタではなく、しっとりしてくることが分かるでしょう。

とかす時は、頭皮に当たらないように優しくやりましょう。これで、頭皮を傷つけたら意味無いですからね。

髪を洗う時は、ぬるま湯で良いです。最初は油の分泌が多過ぎるので、ベタベタし過ぎるという人は少し熱めでも良いかもしれません。

この時も爪を立てたりせずに、優しく頭をマッサージする感覚です。

ドライヤーはしっかりしたほうが良いです。濡れたままだと、そこで菌が増えて、かゆみの原因になるので。

疑問をもちながら、少しずつやっていく

僕は20年以上シャンプーに親しんでいたのでかなり抵抗がありましたが、少しずつ体を慣らしていくことによって、今ではなんでシャンプーであんなに頑張って洗ってたんだろうと思うようになりました。

決して、シャンプーの良さを否定しているわけではありません。良い香りや、さっぱり感はとても好きです。だから、たまに使います。

しかし、体にかゆみのような異常が出た時は自分のために、疑問をもって使い方を見直すべきだと思います。

最後に僕のおすすめのブラシと、洗浄力が強過ぎない肌に優しいシャンプーを紹介しておきます。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク