他人と自分を比べてもなんも良いことないからやめよう

意識している人は、人は意識してないと、すぐに自分と他人を比べようとするんですよね。

僕も最近、そんな考え方のクセがあることに気付きました。

しかし、意識していないと、ふと、他人様のブログと自分のブログを比べて、落ち込んでしまっている時があるんですよね。

実際、今日もそうなってて、ひとりでやる気をなくしてました。

自分はダメだって勝手に自分で決めつけちゃうんですよね。

スポンサーリンク

他人と比べても愉しくもなんともない

他人と比べて、1番良くないのは愉しくないことですよね。

他人を批判する人もいますけど、

僕の場合は、自分を批判してしまうんですよね。

どっちみち、愉しくない!なんてことだ!!

他人と比べて、自分がダメだと思ってしまう人は、自分の頑張りを自分で認められないんですよね。勝たないとダメだと思ってしまうから。

勝ち負けという競争じゃなくて、自分がどれだけやれたかを認めてもらうこと、

成果ではなく、そこまでの過程を身近な人、例えば親なんかに認めてもらえなかったりしたんでしょうね。

相手がいるからどれだけやっても勝てるとは限らない

競争って相手がいるから、自分がどれだけ努力しても勝てないことなんていくらでもあるんですよね。

というか、勝つほうが珍しいかも。

スポーツだって、受験だって勝てる人はひと握りです。

生活していて、勝たないといけない!なんてことってまずないですよね。

でも、人と比べて勝ち負けを意識してしまう。

どうしたらいいか?

まずは自分がどうなりたいか

競争が起きる前に、行動を起こす時は、こうなりたいという目的が必ずあります。

僕がこのブログをやっているのだって、自分の人生がより愉しくできたらいいと思ってのことであって、そこには人の役に立てて、お金も稼げたらいいなという目的だってあります。

人と比べたからといって、その目的が達成されるわけではありません。

人から勉強できることはありますが、そのくらいです。

そこで、他人を批判するにしても、自分を批判するにしても、何も良いことは起こらないんですよね。

だから、人と比べて、競争してる!と気付いたら、

最初の目的を思い出しましょう。

そして、自分がどうしたらその目標に近付けるのか考えて、

行動することに集中しましょう。

他人と自分を比べるのではなく、自分が以前の自分より成長できているかに

注目して、成長している自分を褒めてあげるとやる気出ますよ!

今、この記事を書いているのだって、その行動の一部です。

記事を書いた自分を褒めたいです。

やったぜ!俺!

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク