足の親指が巻き爪になって痛くて困ったけど簡単に治った方法

指ってすごく神経が集まっている場所らしいですね。

少しつねられるだけでも痛い。

僕が困っていたのは巻き爪です。

あれ、めちゃめちゃ痛いですよね。というか、痛くてイライラする。

足の指だと歩くだけでも痛くて、ストレスなんですよね。

でも、今ではそんな痛みも悩みも全くありません!

とっても簡単な方法を紹介します!

スポンサーリンク

巻き爪の原因はこれだった!

僕の場合は、足の親指の爪が、指の両端の肉に食い込んでいたかったんですよね。

ひどい時は、常に膿んでいましたし、赤く腫れているときもしょっちゅうありました。

巻き爪の原因は主に、

・靴による圧迫

・運動による爪への圧迫

・歩き方による爪への圧迫

・急激な体重増加による爪への圧迫

・遺伝によるもの

・爪の間違った切り方

があるそうですが、1番簡単にできそうな対策として爪の切り方を変えてみました。

爪は切ったところを伸ばそうとする性質がある

試しに、爪の切り方を変えてみました。

今まで爪の切り方なんて意識したことはなかったですね。

まず、足の親指の側面の爪は切らない!!

いろいろ調べてみると、爪は切ったところしか伸びないようなのです。

だから、無理に切ると、本来伸びなくていいところまで伸びてしまう。

すると、あら不思議!

親指の側面の爪を切らなくなると、1ヶ月ほど経つと、爪の横の肉に食い込むように爪が伸びることがなくなりました!

最初は半信半疑で、大丈夫かなあと思っていたんですが、案外簡単に治りましたね。

今までなんであんなに頑張って切りにくいところを一所懸命に切っていたのか分かりません。

完璧主義のそこのあなた!爪の切り過ぎは危ない

振り返ってみると、僕は爪切りにいつも長い時間をかけていました。

気付くと30分とか。笑

気がすまないんですよね。

とにかくキレイに切らないとっていう強迫観念に近いものがありました。

でも、赤く腫れて痛みがある時点でキレイもクソもないですよね。

本当にひどくなると、その爪の傷から細菌がはいって、一大事になるなんてこともあるようです。

僕は、大変なことにはなりませんでしたが、なってからでは遅いですよね。

爪は、指先より長くならない程度に切れば、大丈夫です。

現に僕も、爪の白い部分は少し残すようにしています。

痛みや腫れがあるという人は一度、爪の切り方から見直してみてはいかかでしょうか。

さいごに

体が少しおかしい時は、体がなんとかして!と言ってるので、自分の体は自分で大切にできると良いですよね。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク