【映画】ルーム 感想 子供を育てるすべての人におすすめしたい作品

こんにちは。

映画「ルーム」を観ました。

親子愛でほっこりするだけの映画かなーなんて思ってたんですけど、期待を大きく上回ってくれた作品でした。

子供を育てている、もしくはこれから子供を育てるかもしれないすべての人におすすめしたい作品です!

スポンサーリンク

小さな子供にとって母親が世界の全てである

どんな母親であっても、子供は母親が大好きです。

母親のためならなんだってできてしまいます。自分がどれだけ怖くても、どれだけやりたくなくても勇気を振り絞って、母親のために頑張ります。

主人公は母親のために、自分の全く知らない世界に飛び出し、自分の命の危険まであるようなことに挑戦します。

そのシーンはとにかくスリル満点で、主人公の勇気と母親を想う愛に感動します。

めちゃくちゃ応援したくなるんですよね。がんばれ!がんばれ!ってずっと心の中で応援してしまうほどです。

自分が親にどうあって欲しかったかを考えさせられる

僕はまだ親になったことがないので、子供を育てることがどういうことかは分かりません。

でも、自分の親にこうして欲しかったなあと思うことはあります。けれど、いつの間にか自分が子供のときに親にどうして欲しかったか分からなくなったり、忘れてしまう人もいると思うんです。

この作品では母親の行動や感情によって、その子供がどんな反応をするのか、どう思っているのかがうまく表現されています。

作品の後半で、母親がどれだけ辛い思いをしてきたかが分かるんですが、主人公にとっては違うのです。

母親と5年間という時間のほとんどを一緒に過ごせたことが何よりも幸せだったことが分かるのです。

作品の最初で描かれるのは、一緒に過ごすだけでなく、一緒に泣いたり笑ったり、話をしたりと主人公にとって母親の精神的な愛情に包まれていた生活です。

子供の視点でなく、母親の視点で描かれていたとしたら、主人公が何が幸せで何を求めていたかが分かることはなかったでしょう。

子供の視点で母親や世界が描かれるので、子供の気持ちがよく分かったり、また自分の子供のときの気持ちが思い出されるんですね。

自分が親にどうしてもらいたかったか、そこから自分の子供にどうしてあげたいかを考えるきっかけになる作品です。

一度よく考えると良いですよ。僕も考えてみましたことがあります。

こんにちは。最近、子供に関する痛ましい事件が多く報道されますよね。 僕も子供の頃、自分としてはめちゃめちゃ辛い時期があったので、今辛い思いしてる子どもたちの気持ちは多少分かります。 ...

母親が精神的な愛情を子供が求めるだけ与えるのが大事

子供は小さければ小さいほど、母親が世界のすべてです。

母親に見捨てられたり、大切にされなければ、その子の世界はその子にとって、嫌な思いをするだけの環境になります。

逆に母親から愛情を十分に与えられれば、その子の世界は安心できて気持ちの良い環境になります。それにより子供は健やかに育ちます。

この主人公も新しい環境にはじめはなかなか慣れなかったものの、母親という安心できる存在がいることによって、いろんなことに挑戦する勇気をもち、恐怖を乗り越えていきます

さいごに

子供が生まれてから、誰か特定の人に十分な愛をもらえることができたらその子は幸せに育っていくのだと思います。

もちろん、それが母親であれば1番良いのだと思いますが、何よりもひとりでも十分な愛情を与えてくれる育ての親がいることが子供には幸せです。

なるべく一緒の時間を過ごして、精神的な交流をして精神的な愛情をかけてあげることが大切だなと思いました。お金や衣食住も大事ですが、そっちの方が子供にとっては何倍も重要なことが分かる作品ですよ。

仕事が忙しくて子供にかまえないという人は本当にそれでいいのか考えてみるべきです。

この作品を観て、子供の視点を思い出して、自分の子供にどうしてあげたいか。

一度考えてみてはいかがでしょうか?

2017/11/22現在Huluでも「ルーム」が観られます!良かったらどうぞ!

※配信期間によって特定の作品が配信されなくなる場合がありますので、下のリンクからHulu公式サイトを開いた後、どんな作品が配信されているか検索してからの無料トライアルをおすすめします。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク