親が子供にしてあげられる何よりも1番大事なことはこれだ!

こんにちは。最近、子供に関する痛ましい事件が多く報道されますよね。

僕も子供の頃、自分としてはめちゃめちゃ辛い時期があったので、今辛い思いしてる子どもたちの気持ちは多少分かります。

あの時、そんな辛い気持ちをこうしていたらもっと早く乗り越えて、自分の人生を楽しむ気持ちがもっと早くに出てきただろうな。と今では思うことがあります。

それは、親にしてほしかったことなんですけどね。

もし僕が親になることがあれば、自分が親にこれだけはしてほしかったことを僕の忘備録もかねて、書きたいと思います。

スポンサーリンク

子供はとにかく親に幸せでいてほしい

僕の家は母子家庭です。僕は3人の男兄弟の末ッ子です。働き手は公務員の母親だけでした。

祖父母の家によく行ってたんですが、母親が早く帰って来る日は、母親が夕食を作ってくれて家事もしてくれてました。

なので、お金や衣食住には困ったことがありません。

しかし、僕は母が自分たちのために毎日疲れて帰ってくるんだろなあと思っていましたし、子供ながらに母親に心配やこれ以上疲れることはさせたくない!と思っていた記憶があります。

子供は親に心配させたくないから我慢する

なので、僕は基本的に何が起こっても母親に相談することはありませんでした。

毎日動き回っていて、疲れた顔していたらこっちが心配になりますよね。そう思っている内に、僕は自分の気持ちをとにかく我慢するようになりました。

兄弟にも祖父母にも先生にも友達にも、自分が何かしたり、困っていることが言ったら、必ず母親に伝わって負担になると思ったからです。

とにかく自分が我慢してれば大丈夫と思っていたら、自分の精神的な居場所が無くなっていたんですよね、今思うと。

そのときは、友達と遊ぶことが楽しくてそれだけで良かったんです。でも、次第に友達に嫌われたら自分の居場所がなくなると思うようになって、いじめたりいじめられたりして、結局友達という居場所もなくしました。

友達もいなくなってどうしたらいいかわからなかった僕は、もしこういう時に父親が生きていてくれたらなんて言ってくれただろうか。とばかり考えるようになり、ひとりで泣くようにもなりました。

それでも、もう心配かけないために我慢することは当たり前だったので、友達がいなくなったあとも我慢して学校に言ってました。

我慢しすぎて、自分の気持ちとか感情とかよく分からなくなりましたよね。

色んなことがあって今、親が嫌いだったり、感謝できない人はこちらの記事をどうぞ。

最近、気付いたのですが、僕は親や家族が好きじゃないです。 親や家族に、良い思い出をもっていないし、あまり思い出せません。それよりも嫌な思い出の方が多いので、好きになれる理由がないんです...

親が自分の子供に幸せになってほしかったら

じゃあ、どうしたらそんな辛い我慢をせずにすんだのかと考えると、

1日数分だけでも、親が話しかけてくれて会話して自分の気持ちを聞いてほしかった。

もしくは、親でなくても誰かに自分の気持ちを積極的に聞いてほしかったです。ほんの少しでもいいから、気持ちを話してほしいと言ってくれる人が欲しかったですね。

話しかけてくれる。ここがポイントです!小さい子はみんな親が大好きです。親に幸せでいて欲しいです。だから、自分から親が辛い思いをするようなことはできないのです。

僕もそんな子供だったんだろうなーと思います。自分を気付かないままに犠牲にしてしまう。

とにかく、親は自分の子供に幸せでいてほしかったら、話しかけてあげて、気持ちを聞いてあげて、心配かけていいよって言ってあげて、できたら子供が困っていることにたいして、一緒に考えてあげて下さい。

さいごに

まあ、とにかく会話して、精神的な居場所を作ってあげるってことですよね。僕には全くありませんでしたからね、精神的な居場所が。結構キツいですよ。

だから、もし、子供ができたらそんな精神的な居場所になってあげられる親になりたいなあと思います。この気持ちを忘れないように書いときました。

あ、あと、子供の前に大事なことがあります。

親自身が自分自身を幸せにしてあげないと子供に心配かけるだけなのでまずは自分自身を幸せにしましょう。

僕自身が幸せで、もし子供ができたら、その子に自分の幸せを分けてあげられる親になりたいなと思います。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク