リンキンパーク泣けるバラードおすすめ曲5選!

LinkinParkBerlin2010

今年2017年7月20日に世界的に有名なバンド Linkin Park(リンキンパーク)のフロントマンであるチェスター・ベニントンさん(上記写真右)が41歳という若さで自死を選ばれたという二ュースは大変な衝撃でした。

僕は、中学の頃からLinkin Parkの曲を聴いていて、辛い時に勇気をもらっていました。今でもそれは変わりません。

一度でもコンサートに行きたかったのですが、それが叶うことはありませんでした。とても残念です。

チェスターさんが辛い過去を抱えていたことをこの訃報と共に知ったのですが、彼が歌う曲の数々は、怒り、悲しみ、寂しさを抱えながらもそれをエネルギーに変えて生きていく!という彼の意思が込められていたように感じます。

苦しみに耐えられず、亡くなったことはとても悲しいことですが、彼の歌声と共に残された曲は素晴らしいものがたくさんあります。

僕はあまり音楽を聞く方ではないんですが、Linkin Parkは僕の青春時代から今でも、僕の辛い気持ちに寄り添ってくれているバンドですね。

Linkin Park初期の頃は、荒々しいサウンドのエネルギッシュな曲が多く、新たなアルバムがでるたびに、柔らかなサウンドの悲しみに寄り添って、包み込んでくれるような曲が多くなってきます。

どちらも好きなのですが、今回は後者で特におすすめの泣ける曲を紹介します。

あなたの悲しみや怒りに寄り添ってくれる曲がかならずあるはずです。苦しい気持ちを抱えた人ほど聴いてほしいですね。

アルバム”One More Light” より

このアルバムは最新作であり、チェスター・ベニントンさんの遺作でもあります。

このアルバムは収録曲がほとんど柔らかな優しいサウンドで、僕の1番好きなアルバムでもあります。

 
スポンサーリンク

“One More Light”

ひとりひとりの命を空に輝く星に例えた歌詞が印象的です。

それとチェスターさんの優しい繊細な歌声と柔らかなサウンドがとても調和していて、聴いていて心地よくなります。

自分が生きていることに価値を感じられない時に、俺だけは君のことを気にかけてるよ。というメッセージをチェスターさんから言われているかのようです。

そして、自分の人生で今を大事に生きようと少しでも思えるのではないでしょうか。

ぜひ、癒やされてみて下さい。

“Heavy”

人は誰でも生きている中で、辛い気持ちを抱えてしまうのもですが、その抱えている気持ちの重さはどれほどのものか、どれほど辛いものかが表現されています。

シンガソングライターであるkiiaraの繊細かつエネルギッシュの歌声も加わることによって、辛い気持ちを抱えるのは誰でもそうなんだということが強く伝わってきます。

本当に辛い時は、人に話たりすることができなかったりするものです。

そんな時は、この曲にその気持ちの重さを共感してもらいましょう。

“Nobody Can Save Me”

辛すぎて、周りが見えなくなって、どうやっても救われない誰も助けてくれないというどうしようもない気持ちになることってありますよね。

どうしていいかわからないこの答えの見つからない思いをどうすればいいのか。

その気持ちに寄り添ってくれて、最後は自分の人生を本当の意味でよく出来るのは自分しかいないと応援してもらえます。

アルバム”Minutes To Midnight” より

僕が、生まれてはじめて買ったアルバムです。

Linkin Parkの中期の作品で、荒々しいエネルギーに満ちた曲が多いですが、このアルバムから柔らかなサウンドの曲も出てくるんですね。

“Leave Out All The Rest”

優しく繊細な歌声から、サビの力強い歌声に変わるのが印象的な曲です。

自分のしたことにたいして、自分に怒ったり、むなしさを感じる自分を責めないでいいんだと慰められる曲です。

僕たちは、ついつい自分が悪いことをしても、ましてや自分のせいでないことにも自分を責めたりしてしまいます。

そんな自分をつい責めてしまう人に聴いてほしいですね。

“Shadow Of The Day”

どんなに自分が闇の中にいるように思えても、太陽は必ず昇るし、希望は必ずあるそんな力強いメッセージを伝えてくれる曲です。

人生生きていても、良いことばかりじゃないですし、辛いこと、悪い出来事の方が多いと思ってしまうことがよくあります。

人生の良い面、明るい面が見えなくなってるんですよね。僕もそういう気持ちになることが今でも多いですね。

人生に希望が見えない、辛いという人はこの曲を聴きましょう。

さいごに

今回は、辛い時に優しく寄り添ってくれるような柔らかいサウンドの、僕の特におすすめの曲を紹介しました。

チェスターさんの死はとても悲しいですが、彼の残してくれた作品に勇気づけられた人は世界中にいると思います。

僕もそのひとりです。これからも僕を慰め、勇気づけてくれるでしょう。

今、辛い気持ちの人にLinkin Parkの曲を聴いて、少しでも楽な気持ちになってくれたらいいなという思いで、この記事を書きました。

良い作品はまだまだあるので、気が向いたらまた紹介したいと思います。

チェスター・ベニントンさんのご冥福をお祈りします。

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク