ゲームをやるときは自分の感情に注目することをおすすめする

こんにちは。

一昨日からドラゴンクエストライバルズにハマってしまっています。

ドラゴンクエストライバルズ

ドラゴンクエストライバルズ
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted with アプリーチ

いやあ、面白い!対戦型のカードゲームです。対戦の興奮がすごいくて、なかなかやめられません。

しかし、いつもゲームをし終わったあとに、どっと疲れたり、あれ?この時間で働けんじゃね?とか真面目なことを思ったりします。そこまでしてなぜやるのか?

ゲームをやってるときの自分の感情に注目すると学べることがあると気付いたので書きます。

スポンサーリンク

簡単に手に入る強い感情という名の報酬

対戦型のゲームは簡単に強い感情を感じさせてくれます。

勝ったときは興奮して喜んで、負けたときは悔しさと怒りを感じて勝つまでやりたい!と思います。

こんなに強い感情が寝ながらでも味わえるのはすごいです。

この感情を感じたいから、ゲームをやっているのだと思いました。

直接人と関わると感じる怖さと面倒くささを感じずに、そんな感情を感じられるのはビビりで怠け者の僕にとってはありがたいことです。

感情を感じることで自分の欲しいものが分かる

人は感情を感じず、ただ生きてるだけだったら機械と変わりありません。

感情がなければ、楽しいこともないし、嫌なこともありません。

僕はよくむなしさを感じます。たぶんあまり社会と関わっていないからでしょう。むなしさがあるから、良い感情を感じようとしてゲームをやっているのではないかと思います。

人と直接かかわっていないのでゲームが終われば、結局むなしいさが残る。だからこそ、人とつながれる可能性のあるブログをやっているのかもしれません。

ゲームをどんな感情でやっているのかが分かると、こんな風に自分を振り返る良い機会になりますよ。

感情に振り回されずに自分で行動を決めて行うこと

ゲームをやってるときの感情に注目することで、自分がどんな感情を感じたくてゲームをしているのかが分かります。

そうすると、僕のようにむなしさから逃げている人間は、気付いたら強い感情に振り回されていて、ゲームをやり過ぎたあとは、疲れとむなしさだけが残っていることに気付けます。

今日、ゲームをやり過ぎてむなしさや気分の落ち込みを感じて、その疲れからなかなかブログを書くという行動をはじめられない自分がいました。

目の前の簡単に味わえる感情という報酬に心を奪われてしまうと、自分の人生を良くするための行動に必要な体力が奪われます

もちろん、本当にゲームが好きで、自分の楽しみのために適度にやってる分には問題ないです。

問題は何が欲しくてやってるのか、ただ嫌な感情から逃げたいだけなのかを自分で分かっているかどうかです。

それが分かれば、現実の自分のために、どれだけゲームするかを自分で決められます。また、自分の行動を感情に振り回されずに行うことによって、自分の人生を自分でよくできます。

さいごに

ゲームは適度にやっていれば、それが与えてくれる強い感情を楽しむことができます。

そのためには、自分がどんな感情が欲しいのかを考えて、自分がゲームを楽しめる自分の適度を決めて行動することが大事です。

それがなかなか難しいんですけどね、目の前の欲求に負けずに行動するのは。僕は毎日ああ、やり過ぎたって思ってますから。笑

自分のためにブログを楽しんで続けることをこれからずっと挑戦していきたいものです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク