どうしようもなく嫌な気持ちの対処法

よく分かんないんだけど、嫌な気持ちだなってときありますよね。

空しいのか、寂しいのか、悲しいのか、辛いのか。うーん、どれだろ?全部かな?みたいな。とにかく嫌なんですよね。僕は、今日そんな気持ちを感じていました。こういう時って時々やってきます。

なので、昔に比べると嫌な気持ちがしてきても、対処できるようになってきました。

嫌な気持ちを感じているのは辛いですよね。

そこで、僕なりの対処法を紹介します。

スポンサーリンク

①嫌な気持ちを観察してみる

まずは、あーきたー嫌な気持ちきたーと思ってみます。ただ、感じてみるだけです。

ここで無理にその嫌な気持ちを抑えようと無理に動こうとしたり、よし!ポジティブになろうとしてもより苦しくなるだけです。

だから、まずは自分が感じている気持ちを肯定もせず否定もせず、観察しているとそれだけで楽になったりすることもあります。

②嫌な気持ちが少し落ち着いてきたらとにかく何かをやる

本当に嫌な気持ちの時は、何もやる気がおきないんですが、少しずつ感じて楽になると、暇になってきて、何かしたくなってきます。

お腹空いたから、食べる。でもいいし、このドラマが見たいから、見る。とか何かしらやってると気分が良くなります。

筋トレをやるとか、勉強をするとか、ネットサーフィンするとか、とにかく書くとか、なんでも良いです。

実際、僕は今このブログ書いてますし。書いてるとあまり嫌な気分は感じませんし書きあげれた時は達成感があるので、気分が良くなったりもします。

そこまでの気分じゃない時は、日記アプリにとにかく感情を吐き出したりとかも結構スッキリしていいですね。

ずっと暇な時間が続くと、もっと嫌な気持ちが大きくなったりするので、とにかく何かしましょう。

③嫌な気持ちがおさまらない!そういう時は寝るに限る!

いろんなことをやっても、嫌な気持ちがおさまらないときもあります。

今日の僕は嫌な気持ちがなかなかおさまらなかったので、諦めて昼寝しました。

寝るとスッキリして良いです。目を覚ました時、頭のモヤモヤがスッと軽くなってるのが分かるんですよね。

特に何をしたわけでもないんですが、生きてるだけで人間はいつの間にか疲れがたまっていたりします。

体だって激しく動かなくても、環境のストレスによってエネルギーを使ってますし、心だって精神的なストレスで疲れます。

本当にどうしようもなく嫌な気持ちで、何もしたくない時は体が休んで欲しいって言ってる時です。

④とりあえず自分に優しくする

嫌な気持ちの時に1番良くないのは、嫌な気持ちを感じている自分自身を責めてしまうことです。

あーなんでこんな気分なんだーあー何も出来ない自分なんてー。とその気持ちを否定するだけではなく、自分自身に嫌な感情をもってしまうともっと嫌な気持ちになります。

僕は、昔は結構そんな考えをもってしまうことが多かったんですが、今はなるべく自分を否定しないように意識していて、だいぶ気持ちが楽になれることが増えました。

さいごに

たとえ周りの人がいくら優しくしてくれたとしても、自分が自分を責めてしまったら辛いですよね。

だから嫌な気持ちを感じている自分を責めるのではなく、どうしたら楽になるのか、今どうしたいのかを考えて、自分自身が1番自分に優しくしてあげましょう。

僕も少しずつできるようになったので、どうしていいかわからない人はとりあえず試してみて下さい。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク