その口癖は人生ダメにするよ!絶対に無くした方が良い口癖!

こんにちは。

人は誰しも癖を持っています。ほとんどの人は意識しないまま気付いたら癖がついている。また、癖を持っていてもその癖に気付いてないことも多いです。

ですが、その癖によって自分の人生が良くない方向に向かっているとしたら・・・

怖いですよね。良い癖だったら良いんですよ。でも、悪い癖だと本人が気付いてないうちに人生が望まない方向に行ってしまいます。

僕は自分自身が悪い癖を持っていることを意識したことがなくて、無職でひきこもりになった現在なんで自分の人生こうなったのかなと考えることが多くなって、自分の悪い癖に気付けました。

その中でも最も気付かないうちに自分の人生に影響している口癖について。

スポンサーリンク

口癖は考え方にも影響してくる

口癖って本当に自分の考え方を反映してるなあと思います。

自分の心のなかで考えて、そのうえ口にも出しているとその繰り返しで自動的に自分はそういう人間だと自己暗示にかかってしまうんですよね。

長い間、無意識にその自己暗示をやっているといつの間にか、自分自身がその自己暗示にふさわしい人間に思えてきます。慣れてくるんです。

たとえ、それが悪い考え、口癖であっても。慣れてくるとどんなものでも人間は心地よくなってくるようです。人間の適応力ってすごいけど、怖い。

自分の可能性を諦める魔法の言葉「どうせ」

僕がどんな口癖を持っているかと言うと「どうせ」です。

この口癖も「どうせ」上手くいく!とか、「どうせ」自分ならできる!って良い言葉が続くんなら良いんですけど、こういう使い方する人ってあんまりいませんよね。

基本的には「どうせ」自分はできっこない…とか「どうせ」失敗する…とかそんなニュアンスの悪い言葉が続く口癖ですよね。

僕が無職でひきこもりなのも、「どうせ」何をしてもうまくいかない…とか「どうせ」何かしても良いことない…って考えてしまって、行動できなくなっているから。

この仕事やってみても「どうせ」続かない…その仕事を続けたところで「どうせ」良いことなんかない。

仕事を探し始めるとこの口癖や悪い言葉が頭の中に出てくるんですよね。

でも、こうなってくると何も始められないから、良いことが起こらないどころか、何も起こらないし、結局悪いことしか起こらない。

良いことが起こる可能性のある行動がとれなくなってしまうんですよね。そりゃ、無職でひきこもりにもなるわ。笑

悪い心配をしない!小さな目標を達成する!

僕は自分で目標を決めて何かに取り組んだことがほとんどないんです。意識して何かを成功させた体験が少ない。

成功体験が少ないと、失敗している体験がどうしても心に残りやすくなるんですよね。

そうすると、何をしてもダメだ…「どうせ」失敗する…何しても意味ない…っていう考えになります。

だから、少し動けば成功できる小さな目標を作ってます。

筋トレとかだと腕立てとスクワットを1日1回だけするとか、歯磨きは1日1回はするとか。

大事なのは自分でその行動を意識することです。そうすると達成感があって、自分もできるじゃん!っていう自信になるんです。

あとは悪い心配を意識してやめること。「どうせ」という口癖や考えが出てきたときは完全に悪い心配をしている時です。

それよりも今できる目標に向かっていきましょう。

「どうせ」を意識する!

ということで、「どうせ」が口癖になっている人はやめましょう。

もちろん、無意識のうちに長い間、癖になっているものはなかなか抜けません。僕も気付いたら、「どうせ」って思ってますから。

でも、その「どうせ」をまずは意識することが大事です。じゃないと治せませんから。なんの病気か分からないのに治療しようとしても治せないのと同じ。

だから、最初は「どうせ」を意識することを目標にしてみるといいですよね。

あっ意識できた!やった!みたいな。これも成功体験になります。

僕も「どうせ」を無くすために頑張ります。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク