すべてが面倒くさいのは病気じゃないし原因も気にしなくて大丈夫な理由

こんにちは。朝ってやる気でなくて何もかも面倒くさいですよね。

僕はいっつもそうです。最近は朝もめっきり寒くなってきたので動きたくありません。

しかし、面倒くせーとか何もしたくねーとか思ってしまっても全然大丈夫!

そんな自分を責める必要は全くありません。その理由を書いてみます。

スポンサーリンク

すべてが面倒くさい時はあって当たり前

基本的にすべてが面倒くさくて何もしたくないと思っていても大丈夫です。

なぜなら、それでも生きているからです。だから大丈夫。

僕は、無職でひきこもり気味な野郎ですので基本的にすべて面倒くさいです。何したくないあーと思うことは日常茶飯事なのです。

人間は自分に得がある、良い感情を味わえるなどなんらかの報酬がなければ動かないです。

ましてや、その報酬や良い気持ちよりも自分にとって嫌なことが多ければそんなことやりたくないのは当たり前です。

しかし、すべてが面倒くさいと思っても、生きるためにはやるべきことがある。ごもっともです。

すべて面倒くさいと思っても何かやってる

すべてが面倒くさいと思うことはよくあるんですけど、振り返って考えてみると結局何かしらやってるんですよね。

何もしたくねーすべてめんどくせーと思うことも結局やっていること。

だから、すべて面倒くさいと思ったら、ずっと何もしたくないと考え続けてみる。結局そうしてるのが嫌になりますから。それで何かしたくなる。

すべて面倒くさいと思うことに退屈してくるんですよね。

あーめんどくせー何もしたくねーってずっと永遠に思い続けることは人間不可能です

人間は終わりない単純作業が苦手です。退屈過ぎて苦痛になるから。面倒くさくて何もしたくないと思い続けることも一種の単純作業。

実際にさっきまですべて面倒くさいと性懲りもなく思っていたんですが、結局それに退屈してこのブログを書いてますからね。笑

自分の気持ちや欲求に従えば自然にやりたくなる

面倒くさいと思っても、面倒くさいと思い続けることは必ず退屈します。

そうなってくると、僕の場合は寝るか、海外ドラマや映画を観るか、ゲームをするか、ネットをするか、ブログを書くか、本や漫画を読むか、結局何かしらやり始めるんですよ。

どれだけ面倒くさいと思っていたとしても。はじめてみたら結局ハマってたりする

仕事だってやりはじめてみたら夢中になってたりするんじゃないでしょうか。お金のためだけで、自分がどう工夫しても夢中になれないし、やりがいない場合は仕事変えるべきですが。

また、食欲や睡眠欲などの生きるために必要な生理的な欲求があれば大丈夫!。もう本当にすべて面倒くさくて何もせずにいたら人間生きられませんから。

生理的な欲求が出てくるうちは全然大丈夫!生きたい!ということしてるから

そういう欲求がでない人は病院に行くべきでしょう。

まとめ

  • すべて面倒くさくて何もしたくなくても生理的な欲求があれば大丈夫!
  • 人間にとって何もしたくないと思い続ける単純作業は苦痛なだけ
  • 退屈したら自分の欲求にしたがって勝手に何かやりたくなる

すべて面倒くさいと思っても生きられてるなら何も問題ないです!

面倒くさいが退屈に変わったら自分の欲求にしたがってとりあえずやってみましょう!

寝るのも良し。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク