ニキビや肌荒れと闘う皆さんへ。ニキビは悪いやつじゃないと思うよ

ニキビって辛いですよね。

僕も少し前まではニキビに悩まされてました。思春期の頃は、赤く腫れるようなニキビに悩まされ、大人になっても、目立って、ひどいと痛くて、しかもなかなか治らないニキビができ、ニキビができたって良いことなんてひとつもありません。

しかし、悩まされるほどのニキビというのは意味なくできることはないと思います。

なにか意味があるに違いない。

スポンサーリンク

ニキビができる意味

これは、ただひとつ、自分の身体だろ!!大事にしろよな!!コノヤロー!!ていうか、大事にして下さい。お願いしますm(__)mという、自分の身体からのお願いです。

痛ければ痛いほど、長引けば長引くほど、その願いが強いということです。

そのお願いを聴いてあげましょう。

どうやってニキビを治す?

昔の僕は何も考えず、洗顔を頑張ればいいやと思ってました。

しかし、効果は全く出ず、全然良くならない。思春期が終わって、ニキビとおさらばできるかと思いきや大人ニキビができる。

やっぱりなんとかしたいと思うわけです。まずは、自分の欲求を認めて、行動すること。次に、あきらめないことです。

そこでネットやら本やらで対策を調べました。

最近、よく聞く糖質制限です。これ、試してみたんですね。すると、あら不思議、ニキビがほとんどできないし、できたとしても、痛くないし、すぐ治る!

やり方は簡単で、炭水化物と砂糖の摂取を減らす。これだけです。

僕の場合、朝と夕方は炭水化物、まあ、米をとりません。昼は普通に食べますけど、カレーとか。

あとは砂糖使った清涼飲料水は一切飲まないのと、砂糖いっぱいのスイーツもあんまりとりません。

あくまでも、僕の場合です。しかし、試してみること、やってみることが大事です。

ダメだったらいいし、もうちょっとこうしたら良くなるかもと思うのであれば、自分で試行錯誤していけばいい。僕は思春期の時、試せてないので分かりませんが、洗顔料は必要ありません。あれ、意味ない。大人もです。ぬるま湯だけでいいです。

日焼けにも気をつけましょう。焼いてもいいことなんかひとつもないです。ただ、ヒリヒリ痛いだけ。あまり強くない日焼け止めクリームを塗りましょう。大人もです。

炭水化物を減らして、代わりに肉とか卵とか魚とかタンパク質を食いまくりましょう。

試しにやりたいと親に言えば、協力してもらえるんじゃないでしょうか。

あと、よく寝ましょう。大人もです。

まとめ

今、僕がうまくいっている方法を紹介しました。完全にニキビがなくなって、肌荒れもなくなるなんてことはありえないでしょうけど、痛かったり、長引いていたりは身体からのSOSです。

それをちゃんと聴いてあげて、良くなる方法を探して、自分で試して試行錯誤する。そして、あきらめずに、自分の身体を大切にすることです

原因が別の病気にあったなんてこともありえますし、途中であきらめてたら、分からずじまいですよね。

とりあえず、ネットや本で解決策を探しましょう。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク